Information
ホーム食の安全・安心≫残留農薬検査等の実施について
食の安全・安心
残留農薬検査等の実施について
食の安全・安心に対する関心の高まりのなかで、JAグループでは生産履歴記帳により農薬の適正使用について生産者自ら記録・管理し点検に取組んでいます。

JA全農あおもりでは、JAグループ青森食料安全・安心推進本部の一員として、県産農産物をJA・生産者から消費者の皆様へお届けする立場に立ち、安全・安心の理化学的な証明となる残留農薬検査等に自主的に取組み、記帳運動の点検と、皆様への安全・安心の提供に心がけていきます。

1.検査対象品目
県内の主要品目である、お米(玄米)、麦、大豆、りんご(12品種)、果実11品目、やさい36品目を最低限に、県内全JAを対象とします。
2.検査の時期・回数
検査時期は、原則として出荷前検査とします。 収穫・出荷が長期にわたる品目については、複数回の検査を実施します。
3.検査の内容
外部検査機関へ検査委託します。 出荷前検査を前提とするので、品目ごとに食品衛生法で基準が定められている農薬成分について、一斉分析で検査可能な成分を対象に実施します。検査委託先へのサンプル到着後概ね48時間後に出される速報値により、安全を確認のうえ出荷する体制をとります。
4.万が一への対応
検査の結果、万が一基準値を超える農薬成分が検出された場合は、安全性が確認されるまで出荷停止とします。(再検査により問題があった場合は廃棄処分とします。)
 
PDFのダウンロードについて
pdfダウンロード
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。
詳しくは、アドビ システムズ社のサイトをご覧ください。