Information
ホームやさい≫きゅうり
長いも
きゅうり
最近は、形状、鮮度に加えて、色、光沢など外観を重視する傾向が強く、ブルームレスきゅうり(以前のきゅうりは表面に白い粉がふいていましたが、この粉のないもの)が主流となっています。きゅうりは、ビタミンC破壊酵素を含むため、ほかの野菜と組合わせるとその野菜のビタミンCまで破壊しますが、この酵素は熱や酸味のきいたドレッシングなどで調理するとよいでしょう。
きゅうりの美味しい見分け方
1.太さが均一で、ずっしり重く、握るとハリと弾力性がある。
2.イボイボがピンと張っている。
3.切り口に白いトゲが出ている。
4.花落ちの部分がみずみずしい。
きゅうりの美味しい保存方法
冷やしすぎは苦みが出るので禁物。水気を拭き取り、ポリ袋に入れたら、密封せずに野菜室へ入れましょう。
きゅうりの栽培カレンダー
 
生 育 状 況
管 理 作 業
 
4
苗 の 準 備
畑 の 準 備
畑の準備
排水がよく、かん水のできる、そして風当たりの少ない所を選び、周囲に防風網を設置します。
 
5
定 植 期


定植
定植は5月下旬から6月上旬の暖かい日に行います。苗は本葉3~4枚程度のものを定植します。。
 
 
6
生 育 初 期
(葉茎伸長期)


整枝
親づる1本仕立てとします。親づるの第1果の着果節位は9~10節とし、8節以下の子づるは全部摘み取ります。

摘心
つるが支柱のアーチの肩まで伸びた頃に摘心し、過繁茂を防ぎます。
 
 
7
収 穫 始 め

整  枝

病 害 虫 防 除

敷きわら
乾燥防止、地温上昇防止、雑草の抑制、病害虫防除などのため敷きわらを行います。6月は薄めに、7月以降は厚めにしきます。

摘葉
下部の老化葉、病葉を重点的に摘葉します。
 
 
8
 
 
 
9
 
10
 


収穫
きゅうりは、開花後1週間くらいで収穫できます。朝夕の涼しい時に行います。