Information
ホームよくある質問≫畜産に関する質問
よくある質問
よくある質問畜産編
レバーに含まれる主な栄養素は?
1.レバーは、造血に欠かせない鉄分やビタミンB12、鉄分の吸収を助ける銅や亜鉛も含むので、貧血予防になる。
2.野菜・果物などに多く含まれるビタミンCの働きでレバーの鉄分吸収率がさらにアップされる。
3.レバーには、緑黄色野菜の代表「にんじん」やうなぎの約9倍のビタミンAが含まれている。
4.レバーなどの内臓はカロリーが高いと敬遠されがちだが、網焼きにしたり、茹でたり煮たりすることが多いので、以外と摂取カロリーが少ない。
お肉の上手な保存方法は?
【牛肉の保存方法】 
冷蔵庫で保存するなら3~7日間保存できる。
ラップに包み直して、密閉容器に入れて冷蔵庫の氷温室で保存するとよい。

【豚肉の保存方法】
冷蔵庫で保存するなら2~4日保存できる。
それ以上保存する場合は、密閉容器に入れて氷温室で保存するとよい。
ひき肉や薄切り肉は買った日に調理をしてから保存するとよい。

【鶏肉の保存方法】
鶏肉はデリケートなので、買った日か翌日までには使いきる。
冷凍保存する場合は、小分けにしてラップに包む。
お肉に含まれる主な栄養素は?
【牛肉】
牛肉のたんぱく質は、体の中でつくることのできない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
1.牛ヒレ肉は造血に欠かせない鉄分やビタミンB12を多く含んでいる。
2.牛もも肉やかたロース・サーロインは子供の成長を促進したり
味覚障害・風邪の予防にも効果のある亜鉛を多く含んでいる。

【豚肉】
豚肉には疲労回復に効果のあるビタミンB1が大豆の約4倍含まれている。
1.豚肉は、疲労回復・ストレスの緩和に効果のあるビタミンB1の含有量がずば抜けて高く、大豆の約4倍もある。
2.もっとも多く含まれているのが、ヒレ肉です。
3.豚肉に多く含まれるビタミンB1は水に溶けやすいので、調理後は煮汁ごと食べると効果的です。

【鶏肉】
鶏肉は肉類の中でもビタミンAを多く含んでいる。
特に、手羽肉・むね肉・もも肉は豊富である。
1.ビタミンAは夜盲症(とり目)に効果的です。
2.ビタミンAは、皮膚や内臓の粘膜を丈夫に保つ働きがあるので肌荒れ予防などにも効果的です。
おいしい牛肉の見分け方は?
肉の色はつやのあるあざやかな赤色で、脂肪は白色または乳白色のものを。
色が淡いのは若い牛で味はやや淡白だが、やわらかく風味も良い。
きめが細かく均一に霜降りになっていると風味がよく上質。
BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)とはどのような病気?
BSEは、1986年にイギリスで始めて確認された牛の病気で、異常プリオンたんぱくの増加により神経細胞が死滅し、空胞になりスポンジ状になるためこの名がつけられました。
青森県で、牛肉の生産を目的として飼育されている牛は、何種類くらいあるの?
「黒毛和種」と「乳用種」が中心ですが、そのほかに北東北の一部で飼育されている「日本短角種」があります。
霜降りがあっておいしいと言われている「黒毛和種」の体重は何キロぐらい?
約700kgになります。
BSEが発生してから、「牛肉は安全」と言っていますがどうしてそう言えるの?
国内の全ての食肉処理場において、世界で最も厳しいと言われている検査を実施し、その検査に合格した牛しか流通しない体制が整ったからです。
「奥入瀬ガーリックポーク」を最近よく聞きますが、どのような特徴があるの?
全国1位の生産量を誇る青森県産のにんにくを粉末化し、豚に与えており、一般市販の豚肉と比較するとビタミンB1が1.5倍以上・イノシン酸が1.3倍以上含まれており、非常においしい豚肉です。
豚は生まれてからどのくらいで販売されるの?
品種によって多少違いますが、約180日~200日間飼育され販売されます。
豚は販売されるとき、体重は何キロぐらい?
品種によって多少違いますが、約100kgになります。