ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2016年07月14日

「平成28年度JAバッテリー講習会」を開催しました

点検・交換技術を習得し顧客満足度向上目指す

実習に取組む参加者

 青森県JA-SS運営協議会は7月13日、青森市のJA青森教育研修所で「平成28年度JAバッテリー講習会」を開き、講習会にはJA‐SSスタッフなど33人が参加しました。
 はじめに、JA全農北東北石油事業所青森推進課の泉谷勝明課長がSS事業を取り巻く原油情勢と県内小売情勢を説明し、「油外商品の中でも重要な商品であるバッテリーの基礎知識とハイブリッド車への対応などを研修頂き、顧客満足度向上を目指していきたい」と話しました。
 講習会では、㈱ジーエス・ユアサバッテリー北東北営業所の伊藤佳数氏が講師を務め、バッテリーの商品知識を解説した後、SSスタッフがテスターや比重計を使った点検や交換作業の実習を行いました。
 伊藤氏は、「夏場は、エンジンルームが100℃近くまで上昇しバッテリーの劣化が進む。また、エアコンを使用しながら渋滞に遭うとバッテリー上がりの原因になることもある。お盆など大切な行事が控えているこの時期は、お客様に対して点検の実施とトラブル前の早期交換を呼びかけてほしい」などと指導していました。

一覧に戻る

ページ上部へ