ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2016年08月12日

「りんご共防幹部・後継者合同研修会」を開催しました

共同防除組織の再編および活性化を推進

講演に耳を傾ける参加者

 県内のりんご地区共防連で組織する青森県りんご共同防除連絡協議会は8月10日、青森市の浅虫温泉「海扇閣」で「りんご共防幹部・後継者合同研修会」を開き、各地区共同防除組織の幹部・後継者など122人が参加しました。
 開催にあたり同協議会の北川精一会長は「本年産のりんごの生育は順調に推移しているものの、黒星病の発生や防除作業中の傷害事故の発生など、今後とも注意が必要である。また、本日の研修内容を参考に、共同防除組織の弱体化に歯止めをかけ、活性化につなげていきたい」とあいさつしました。
 研修会では、「りんご共同防除組織の課題と再編強化の方向」と題して、東北農業研究センター上級研究員の長谷川啓哉氏が講演したほか、㈲渋谷種苗店代表取締役の渋谷幸雄氏が今後の天気予想について、また全農あおもり技術主管の塩谷彰氏が28年産りんごの生育状況と今後の管理についてそれぞれ講演し、参加者は熱心に耳を傾けていました。

一覧に戻る

ページ上部へ