ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2016年08月31日

「8月31日はやさいの日『やさいフェス』」を開催しました

青森県産やさいの魅力を幅広い世代の消費者に発信

県産やさいの消費を呼びかける徳差副本部長(右)

 JA全農あおもりは8月28日、五所川原市のエルムの街ショッピングセンターで、「8月31日はやさいの日 やさいフェス」を初めて開催しました。幅広い世代の消費者に、やさいの「食べ方」・「鮮度」・「栄養価」を伝え、青森県産やさいの魅力をアピールしました。
 はじめに、全農あおもりの徳差裕一郎副本部長は、JAグループが高品質で安全・安心な農産物を安定的に消費者へ届けるための土づくりや優良種苗の供給、残留農薬検査などに取り組んでいることを説明し、「青森県が、にんにく、ごぼう、ながいもなど全国有数のやさい産地であること、やさいの栄養価や機能性について知っていただき、もっと消費していただきたい」とあいさつしました。

飲むビューティーサラダを試飲する来場者

 イベントでは、県産やさいを知ることのできるパネルの展示とクイズラリー、飲むビューティーサラダの試飲、ミニトマトすくい、やさいエコバックづくりの体験ができるコーナーも設けられました。また先着500人に旬の「とうもろこし」がプレゼントされました。
 このほか、ステージではタレントのスザンヌさんによる「わたしのやさいライフ」トークショーや薬膳インストラクターによる「ピッタリやさいチェック診断」が行われるなど、終日会場は大きな賑わいを見せていました。
 全農あおもりでは、引き続き量販店での消費宣伝などを通して、県産やさいの消費拡大に努めていくこととしています。

一覧に戻る

ページ上部へ