ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2016年09月13日

「第2回農畜産物即売会」および食育活動を実施しました

園児がバター作りや餅つきを体験

容器を振ってバターを作る園児たち

 JA全農あおもりとJA青森女性部は9月9日、青森市の県農協会館で今年度2回目の農畜産物即売会を開き、食育活動として青森市の「第二すぎのこ幼稚園」の園児47人を対象に、バター作り体験や餅つき、県産牛乳「あおい森の牛乳」の試飲を実施しました。
 バター作り体験では、園児たちが生クリームと牛乳が入った容器を、協力し合いながら力いっぱい振ってバターを完成させていました。クラッカーにつけて試食した園児は「おいしかった。お家でも作ってみたい」と話していました。
 餅つきでは、数人が一緒に杵を持ち「よいしょ」と大きな掛け声とともに餅をつき、懸命な園児の姿に会場が沸いていました。
会場では、旬のとうもろこし「嶽(だけ)きみ」が数量限定で販売されたほか、りんご、ながいも、にんにく、お米、県産肉や加工品などを販売しました。また、JA青森女性部では、地元の青果物などの特産品や花などを販売し、開店と同時に賑わいました。
 全農あおもりでは、10月14日に同所で開催される農畜産物即売会でも、幼稚園児を招いた食育活動を行い、子どもたちに「食」の大切さを伝えていくこととしています。

一覧に戻る

ページ上部へ