ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2016年10月17日

「第3回農畜産物即売会」および食育活動を実施しました

園児が餅つきやバター作りを体験

職員と一緒に餅をつく園児たち

 JA全農あおもりとJA青森女性部は10月14日、青森市の県農協会館で今年度3回目となる農畜産物即売会を開き、新米フェアとして、10日に全国一斉に販売を開始した「青天の霹靂」をはじめ、「つがるロマン」「まっしぐら」を販売しました。また蓬田産の完熟ミニトマト「ベビーベビー」や、りんご、ながいも、焼肉用豚バラ肉などの農畜産物とりんごジュース、黒にんにくなどの加工品を販売しました。
 また、JA青森女性部では、地元の青果物や花などを販売し、開店と同時に来場客で賑わいました。
 このほか食育活動として、青森市の「すぎのこ幼稚園」の園児77人を対象に、バター作り、餅つき、県産牛乳「あおい森の牛乳」の試飲を実施しました。餅つきでは、園児数人が一組となり、職員と一緒に杵を持って餅をつき、「よいしょ」という大きな掛け声とともに、一生懸命に餅をつく園児たちの姿に会場が沸いていました。
 全農あおもりでは、次回の即売会「歳末市」を12月28日と29日に同所で開催することとしています。

一覧に戻る

ページ上部へ