ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2016年12月12日

「第29回りんご共防女性研修会」を開催しました

りんご共防女性組合員の知識向上を目指して

冒頭に挨拶する北川会長

 青森県りんご共同防除連絡協議会は12月11日、野辺地町のまかど観光ホテルで「第29回りんご共防女性研修会」を開き、共同防除組合の女性組合員や役員など70人が参加しました。
 冒頭、同協議会の北川精一会長は、「28年のりんご生産は、黒星病の多発生により組合員の皆さんは防除に大変ご苦労されたことと思う。研修を契機に知識向上に努めていただくとともに、皆さんの一層のご活躍を祈念する」とあいさつしました。
 研修は3部構成で行われ、参加者は熱心に聞き入っていました。
 県ViCウーマン・平成27年度県文化賞受賞者である弘前市の清野優美子氏が「地産地消による郷土料理の伝承および農村文化の普及活動について」と題して、自身の活動内容について話しました。
 続いて、弘前大学医学部付属病院・内分泌代謝内科の講師・村上宏氏が「栄養バランスを保つ秘訣~長寿は健康から~」と題して講演し、長寿を目指すために、塩分を控えるとともに、何でもバランス良く食事を採ることが重要と話しました。
 また、全農あおもり営農指導課技術主管の塩谷彰氏が「平成28年りんご栽培を振り返る」と題して講演しました。

一覧に戻る

ページ上部へ