ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2017年03月03日

「恋するスイーツコン」を開催しました

旬のイチゴなどスイーツづくしの婚活ツアーで4組のカップルが成立

風穴さんのイチゴ園地を見学する参加者

 JA青森中央会・農林中央金庫青森支店・JA共済連青森県本部・JA全農あおもりと㈱農協観光青森支店は共催で、2月25日、八戸市で「青森の四季 恋の始期『恋するスイーツコン』」を開催しました。ツアーには、県内在住の独身農業男性15人と県内外の独身女性14人の計29人が参加しました。
 ツアー開催前の2月10日には、参加男性が自己アピールや会話の方法などを学ぶ事前セミナーを受講し、当日に臨みました。
 ツアーでは、同市内の「八食センター」で1対1トークとファーストインプレッションの投票を行った後、収穫期を迎えている同市市川地区のイチゴ生産者風穴求さんの園地を見学しました。
 風穴さんは、農繁期の苦労などについて伝えながら、「その反面、農業の面白さは手をかければかけるほど良い物ができること。また、経費をできる限り抑えながら収量を上げるなど試行錯誤している」と話していました。
 その後昼食を取り、JA八戸女性部の清川周子さんと上村昭子さんの指導の下、5~6人ずつのグループに分かれて、「さちのか」を使ったいちごのスプーンケーキづくりを体験しました。さらに、スイーツバイキングを楽しみながらフリータイムで懇親を深め、最終投票で4組のカップルが成立しました。
 ツアーに参加した女性からは、「イチゴ畑の見学でどのように栽培・収穫されるのか知ることができ、貴重な体験になった」などの感想が聞かれました。
 JA全農あおもり営農対策部の渋谷俊浩部長は、「農業男子には自分の『夢』や『熱い思い』を積極的にアピールし、理想の女性を見つけてほしい。また、イベントを通して青森県の良さを発信し、女性の農業ファンをもっと増やしていきたい」と話していました。
 JAグループ青森では引き続き、イベントの開催などを通して、担い手の婚活を支援していくこととしています。

一覧に戻る

ページ上部へ