ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2017年04月04日

ベトナム向け輸出りんご検疫措置緩和を県に要請しました

青山副知事(左)に要請文を手渡す阿保会長ら

 JA全農あおもりは3月30日、ベトナム向け輸出りんごに取組む4JA(JA青森、JAつがる弘前、JA相馬村、JA津軽みらい)と輸出拡大に向け、無袋果の早期解禁や、栽培地検査の簡素化などの検疫措置緩和を青森県に対して要請した。
 要請に際し、全農あおもりの阿保直延運営委員会会長は、「新たに有望な市場と見込まれる同国に対し、検疫措置が緩和されることによって、さらなる輸出拡大が期待される」と述べ、要請を受けた青山祐治副知事は、「県としても輸出拡大に向けて検疫措置の緩和が不可欠と考えている。本日の要請事項を踏まえ、引き続き国に対する要望活動を強化していきたい」と応じた。
 JA全農あおもりの平成28年産同国向け輸出実績は約120トンとなっており、平成29年産はさらなる拡大に向けて取組んでいくこととしている。

一覧に戻る

ページ上部へ