ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2017年07月19日

「県南地区4JA協議会 第4回通常総会」を開催しました

あいさつする酒井会長

 県南地区4JA協議会はこのほど、第4回通常総会を十和田市のホテルで開催し、平成28年度事業報告や平成29年度事業計画など3つの議案を協議した。
 協議会の酒井一由会長(JAゆうき青森組合長)は、「農業を取巻く環境は厳しいものの、県南地区のJAが一体となって農家所得の向上を図るため、農畜産物のコスト削減や販売戦略の構築などを更に進めていきたい」とあいさつした。
 協議会は、4JAの主力品目である「ながいも」・「にんにく」・「ごぼう」のブランド化やスケールメリットを生かした資材購入など農家の所得向上を目的に設立された。
 平成29年度の事業計画は、独自開発した県南ごぼう専用肥料の普及拡大や農薬の共同購入の推進を継続し、包装資材統一によるコスト削減に取組むことに加え、県南地区の主力品目である「ながいも」については、4JA一体となった生産・物流体制を構築し、更なる販売力の強化に向けて取組むこととした。
 また、新たな取組みとして、JAの総合的な事業運営を補完する総務管理部門の情報交換会を実施し、より一層の連携を図ることとした。
 役員会では、会長にJAゆうき青森の酒井一由組合長、副会長にJA十和田おいらせの竹ヶ原幸光組合長、JAおいらせの沖澤繁弥組合長、監事にJA八戸の佐々木福栄組合長、JA全農あおもりの徳差裕一郎副本部長を選出した。

 

 

 

一覧に戻る

ページ上部へ