ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2017年08月04日

甲子園出場校に県産農畜産物を寄贈しました

徳差副本部長(右)が同校を訪れ激励

 JA全農あおもりと青森県産米需要拡大推進本部は8月1日、夏の全国高校野球大会に出場を決めた青森山田高等学校へ県産農畜産物と金一封を贈った。同校の花田校長と兜森監督が立ち会った。
 JA全農あおもりの徳差裕一郎副本部長は「農家が丹精込めて育てた県産農畜産物を糧に、一戦一戦粘り強く戦い、全国制覇を目指して頑張っていただきたい」と激励。兜森監督は「粘りとパワーをもって戦い、一つでも多く勝ち、子供たちが成長する姿を通じて、皆様に元気と勇気を与える試合にしたい」と話した。
 今回贈った県産農畜産物は、青森米「青天の霹靂」300㌔と、牛肉15㌔、ながいも50㌔、にんにく10㌔、スイカ75㌔、メロン50㌔、りんごジュース195g缶300本、にんにく魂ドリンク100本。

 

一覧に戻る

ページ上部へ