ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2017年12月08日

児童に食の大切さを伝えました~7年続く「やさい紙芝居キャラバン」~

元気よくミニライブで踊る児童たち

 JA全農あおもりは、やさいの消費拡大の一環として、食育活動にも力を入れている。
食事の大切さや、県産やさいの特徴について理解を深めることを目的に、やさいの紙芝居キャラバンを実施。児童や園児を対象に、平成23年から始めた取組みで、今年で7年目となる。
 12月5日、弘前市の豊田小学校で、今年度7回目となる「青森いきいきやさい隊紙芝居キャラバン」を実施。児童約120人が参加した。
 県内を中心に活動するユニット「トリ☆ポン」のうっちゃん、みかちゃんが紙芝居を朗読。県産やさい「ナガイモ」「ニンニク」「ゴボウ」「トマト」「ダイコン」「ニンジン」がキャラクターとなって紙芝居に登場し、食事の大切さ、それぞれのやさいの特徴をアピールした。紙芝居中は児童の笑い声や笑顔が見え、会場は賑やかとなった。
 また、青森県産品PRキャラクター「決め手くん」が登場。県内スーパーで流れるテーマソングを一緒に歌い、振り付けを覚えて踊ったりして楽しんだ。
全農あおもりでは、今後も食育や全国スーパーでの消費宣伝PRを行い、消費拡大に加え、さらなる認知度向上にもつなげていく。

 

一覧に戻る

ページ上部へ