ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2018年09月17日

「JA葬祭葬儀受付コンテスト青森県大会」を開催しました

競技をする参加者

 JA全農あおもりは9月10日、青森市の県農協会館で「JA葬祭葬儀受付コンテスト青森県大会」を開いた。これは葬儀受注後喪家を訪問した際の儀式の日程や内容についての応対と所作を競うもので今回が3回目。JA子会社、全農あおもり葬祭センターの代表者3名が参加した。
 はじめに、全農あおもり生活関連部の山本隆二部長が「本日のコンテストは、施行担当者のサービスの向上と高位平準化を目的に行うもの。日頃の業務や練習の成果を十分に発揮して頂きたい」とあいさつし、参加者を激励した。
 コンテストでは、服装やお辞儀の仕方、喪主質問に対する返答応対など全35項目を審査した。 
 参加者は日頃の業務で培った技術を披露した。最優秀賞には葬祭センター五所川原の今裕也さんが、優秀賞には㈱協同サービスの古舘隆敬さんが選ばれた。
 審査委員長を務めた全農本所生活リテール部くらしの支援事業課の熊谷伸之専任課長は、「喪家が希望する葬儀内容をくみ取るのが大事。競技参加者は皆さん基本所作は良かったので、更に研鑽に努めて頂き、職場全体のレベルアップを目指していただきたい。」と講評した。
 最優秀賞受賞者は11月1日岩手県で開催される東北大会へ県代表として参加する。
 全農あおもりでは、今後も、同様の研修・コンテストを開催し、サービスの向上を図ることとしている。

 

一覧に戻る

ページ上部へ