ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2019年01月22日

「2018年度にんにくフォーラム」を開催しました

最優秀賞の長根さん

 JA全農あおもりは1月17日、十和田市のJA十和田おいらせで「2018年度にんにくフォーラム」を開き、生産者など関係者ら約190人が出席した。にんにく生産量日本一の産地の維持・拡大を目的に、生産者および関係者の意識統一を図るとともに、専門家から重要病害虫対策や優良種苗の増殖・供給体制構築等の重要性を学んだ。
 共進会表彰式では、昨年9月に選出した7名を表彰。県内8JAから出品された108点の中から、全体の大小や形状、乾燥や表皮状態を審査し選出した。
 最優秀賞・農林水産大臣賞の長根一男さん(JAおいらせ)は、経営の特徴や栽培要点について事例を報告。種子や圃場準備、植付から収穫・乾燥までのポイントを紹介した。
 佐賀大学吉賀豊司准教授は、イモグサレセンチュウの生態や特徴について講演。根絶するのは難しいとした上で、安定生産に向けた健全な圃場と種子の確保や、汚染拡大防止策などを提案した。

最優秀賞以外の入賞者は次の通り(かっこ内はJA名)
◇優秀賞・青森県知事賞▽熊野雅人(十和田おいらせ)
◇優良賞▽前川原史博(十和田おいらせ)▽高橋清一(十和田おいらせ)▽中野紀子(ゆうき青森)▽一戸茂(おいらせ)▽小向重富(おいらせ)

 

表彰を受ける長根さん
表彰式の様子
経営の特徴や栽培要点について事例を報告
受賞したにんにく

一覧に戻る

ページ上部へ