ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2019年07月27日

JA葬祭やすらぎホールつがる5周年記念「参観日」を開催しました

 JA全農あおもりは7月27日、つがる市のJA葬祭やすらぎホールつがるで5周年記念「参観日」を開いた。大勢の来場者で賑わい、「参観日には毎年来ている。今日もたくさん笑って元気になった。来年も楽しみにしている」との声があった。
 JA葬祭事業や葬儀専門斎場をより身近に感じてもらうためや、利用者に感謝の気持ちを込めて毎年行っているもの。
 日蓮宗法光山實相寺の間宮秀文副住職から葬儀・法要の意味について講話いただいた。間宮副住職はイラストを用いながら「お経とはお釈迦様の説教。説教をありがたく聞くことで功徳がたまり、故人を仏様の力で良い所に導く力となる」と説明した。
 津軽三味線全国大会A級女性部門チャンピオンの山田里千美さん、青森県民謡王座のかすみさん、石川義梅社中らによる、津軽三味線・民謡・手踊りのコンサートで会場を盛り上げ、来場者から拍手喝さいを受けていた。
 このほか、クラシックカーの展示や葬儀の事前相談、返礼品コーナーの設置、メイクアップ付きの無料肖像写真撮影会などを行った。
 盛大な抽選会も行い、県産のナガイモやメロン、ギフトカードなどを来場者200名にプレゼントした。

 

間宮副住職のイラストで葬儀・法要の意味を学ぶ
好評だったクラシックカーの展示
津軽三味線・民謡・手踊りのコンサート

一覧に戻る

ページ上部へ