ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2019年09月19日

「ごぼうの作柄調査」を行いました

 JA全農あおもりは9月19日、県南4JAのほ場4か所を対象とした2019年産早出作型のごぼうの作柄調査を行った。
 長さや根径、重量などの肥大状況や品質について、5月上旬から中旬には種したものを調査。7月は低温と日照不足で生育が停滞したものの、8月以降の高温と適度な降雨で回復した結果、地上部、地下部とも前年や平年を上回る生育となっており、品質も良好である。
 全農あおもり担当職員は「収穫は、試し掘りで太みや長さを確認し収穫適期を見極めてほしい」と話した。
 11月からの出荷最盛期に向けた作柄調査を10月29日に再度実施することとしている。

 

ごぼうの作柄を調査

一覧に戻る

ページ上部へ