ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2020年01月24日

「ながいも産地力強化戦略推進大会」を開催しました

 青森県とJA全農あおもりは1月24日、東北町の東北町北農村環境改善センターで「ながいも産地力強化戦略推進大会」を開いた。生産者やながいもプロフェッショナル養成所受講生など関係者ら約120人が参加。
 23日に開いた共進会の入賞者として、4Lの部・最優秀賞の工藤三千輝さん(JAつがるにしきた)、2Lの部・最優秀賞の寺澤和夫さん(JA十和田おいらせ)ら9人を表彰した。
 生産者の栽培技術向上と高品質・多収生産の推進を目的にした共進会には県内5JAから31点が出品された。審査基準の、規格や大小・形状の揃い、肉付き、毛穴や表面の凸凹の少なさなどから入賞者を選出した。
 大会前には、共進会入賞者のながいもの試食を実施し、好みの味について投票。その上位3人に記念品を贈呈した。
 このほか、県の認証「ながいもの達人」の栽培技術について紹介された。参加者は、「効果的な排水対策」「土づくりや優良種苗の選別」などのポイントを学んだ。
 大会は、生産量日本一に向けて、生産者の栽培技術のレベルアップと、高品質・多収生産の推進のために毎年開催しているもの。
 最優秀賞以外の入賞者は次の通り。かっこ内はJA名。
【4Lの部】
▽優秀賞=駒澤慎(おいらせ)寺澤祐介(十和田おいらせ)
▽優良賞=仁和勝千代(十和田おいらせ)中野雄一郎(同)駒井盛男(ゆうき青森)
【2Lの部】
▽優秀賞=中野雄一郎(十和田おいらせ)
▽優良賞=佐々木耕二(八戸)

 

表彰を受ける4Lの部最優秀賞の工藤さん
共進会入賞者のながいもの試食
青森いきいきやさいレディの村上さんも参加し、表彰のお手伝い

一覧に戻る

ページ上部へ