ページ内を移動するためのリンクです

新着情報

2020年05月27日

最新ドローンの性能学ぶ

 JA全農あおもりは生産コストの低減や生産規模拡大に向けた活動の一環として、ドローンによる散播・農薬散布の普及に取り組んでいる。

 5月27日、つがる市のJAつがるにしきた管内ほ場で、スマート農業実演会を開き、最新の自動飛行ドローンDJI社製「AGRAS MG―1」を利用した自動飛行除草剤散布の実演を行った。

自動飛行ドローンは、マニュアル操作式のドローンと比べて、簡易的かつシンプルな操作性で、一度ほ場の登録をすれば、その後は継続的に自動飛行散布等が可能となるため、省力的で大規模ほ場での活用も期待される。

 また、5月に実施したドローン活用の水稲散播試験について「どのほ場でも通常の直播栽培と比べ播種時間が約70%削減され、省力化が図れた」と効率性の向上に繋がった結果が報告された。

全農あおもりでは2019年度から県内JAの水稲ほ場でドローンの散播試験を始め、20年度は3箇所のほ場で試験を進めている。

今後も、試験結果を踏まえた研修会の実施や実演会などを通じ、普及活動を進めることとしている。

一覧に戻る

ページ上部へ