Information
ホーム≫TAC ~担い手~
・TAC(タック)は「地域農業の担い手に出向くJA担当者」の愛称です。
JAの大型合併と支店統廃合が進み、組合員との触れ合いが
遠のく恐れが強まる中で 「出向く体制の実践」によりJAを身近に 感じてもらう取り組みが必要とされています。
そこで、出向く体制を確立し、担い手個々のニーズを把握し、 きめ細かな個別事業対応や 経営指導に取り組むこととしています。
TACはこうした取り組みをJAグループとして、 さらに前進させるものであり、 JAと組合員をつなぐ上で極めて重要な役割を担っています。

TACの由来
・Team for Agricultural Coordination 【農業コーディネーター】
・T【とことん】A【会って】C【コミュニケーション】
・トータル・アグリカルチャー・コンサルタント
・卓越した 託される 開拓する
TACの役割
・地域農業の担い手を訪問して、ご意見・ご要望をうかがい、誠実にお応えします。
・地域農業の担い手の経営に役立つ各種情報をお届けします。
・地域農業の担い手のご意見を持ち帰り、JAグループの業務改善につなげます
TAC設置の経過