Information
ホームやさい≫トマト
長いも
トマト
青森県の夏秋トマトの生産量は全国第7位です。青森県は昼と夜の温度差が大きいため、色鮮やかで甘みたっぷりのトマトを作るには最適な環境です。青森産の品種は完熟になっても果肉の崩れにくい「桃太郎」が中心です。トマトはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。また、トマトに含まれる酸味は胃液の分泌を助けるため、食欲の落ちる夏にはピッタリです。
トマトの美味しい見分け方
1.切り口がみずみずしく、ヘタがピンとしてハリがある。
2.皮にハリとツヤがあり、色ムラがない。
3.ずっしりと重く、全体に丸みがある。
4.切った時の断面のゼリーがずっしりと詰まっている。
トマトの美味しい保存方法
ラップに包んでから、冷蔵庫で保存しましょう。5℃以下になると味が落ちるので温度管理に注意しましょう。
トマトの栽培カレンダー
 
生 育 状 況
管 理 作 業
 
4
苗の準備
畑の準備
 

苗の準備
(トマト品種 「桃太郎エイト」
タキイ種苗)
 


畑の準備
耕土が深く、排水がよいナス科のやさい(なす、ピーマン、ばれいしょなど)3~4年栽培していない畑を選び、植付け1週間前ごろ、肥料をやり、ていねいに耕します。 そのあと、幅90cm、高さ20cm程度のうねを作ります。
 
 
5
定植期


定植
5月中旬~5月下旬の晴れた暖かい日に植付けします。苗は、花が咲き始めているものがちょうど良いです。

定植方法
1うね2列植え、株間45cmとします。花房をうねの通路側に向け定植します。 定植直後のかん水は、株元に軽く行います。水分過多は根張りが弱くなるので、根が広く深く入るように適湿に保つことが必要です。
 
 
6
生育初期
(葉茎伸長期)


誘引・支柱立て
草丈が高くなると、重みがかかるので、ひもやポリテープなどで、誘引・結束します。
 
 
7
 


整枝
主枝1本とし、葉の付け根から伸びてくるわき芽は小さい内にとります。
 
 
8
 


ホルモン処理
着色を確実にし、また果実の肥大を図るために行います。
 
 
9
 
10


収穫
開花後、60日くらいで色づいてきますので、過熟や未熟に注意し収穫します。
 
 
11